誰でもできる賃貸物件の選び方

メインの窓がどちらを向いているか

賃貸物件を選ぶ際には、いったいどのようなポイントを押さえて選ぶと良いのでしょうか。
まず一つ目としては、メインの窓の向きがどちらに向かっているのかということです。一般的に、南向きや東向きの窓があると暮らしやすいとされ、北向きや西向きの窓というのは暮らしにくいとされています。それに応じて賃料にも差が出てきます。
何故なのかと言いますと、東向きの窓は朝日が入ってきますし、南向きの窓は日当たりがよく明るい雰囲気になります。西向きの窓は西日が入ってきてまぶしく、北向きの窓というのは暗くじめじめとした雰囲気になってしまいます。
窓がどちらに向いているのかということは、資料だけでも分かりますので、必ずチェックしましょう。

バスとトイレが別かどうか

続いて、賃貸物件をチェックする際、バスとトイレが同じか別かという問題があります。一人暮らしの賃貸物件などは、バストイレが一緒になっている場合が多いので、それを許容出来るかどうかということを、きちんと自分で考えておく必要があります。
バスとトイレが同じ場合には、掃除が楽だというメリットと賃料が安いというメリットがあります。しかし、友人や恋人を呼びにくい間取りであるというデメリットも存在します。オシャレにすることも難しいでしょう。
バスとトイレが同じ場合にはそれぞれが独立しているので、人を呼びやすいというメリットがあります。使い勝手も良いでしょう。ただ、その分賃料が高くなってしまうというデメリットがあります。

釧路の賃貸物件を探すに当たっては更新費用が掛からない物件を探すのもポイントの一つです。不動産を訪れれば該当の物件はいくつか見つかるはずです。